ki

package
Version: v0.4.1 Latest Latest
Warning

This package is not in the latest version of its module.

Go to latest
Published: Sep 6, 2020 License: MIT Imports: 6 Imported by: 0

Documentation

Index

Constants

This section is empty.

Variables

This section is empty.

Functions

func Make

func Make(originalPath string, option gooki.Option) (gooki.Ki, error)

Make はディレクトリ内容のツリー構造を生成します

Types

type Eda

type Eda interface {
	// Child は子のファイルまたはディレクトリを返します
	Child() []Eda
	// Happa はファイルまたはディレクトリ情報を返します
	Happa() Happa
	// HasChild はEdaが子のファイルまたはディレクトリを持つかを返します。
	HasChild() bool
}

Eda はファイルまたはディレクトリ情報を階層化するためのインタフェースです

type Happa

type Happa interface {
	// AbsPath はファイルまたはディレクトリ名を絶対パスを返します。
	AbsPath() string
	// RelPath はファイルまたはディレクトリ名をディレクトリツリーの起点からの相対パスを返します。
	RelPath() string
	// Dir はファイル名を除いたパスを返します
	Dir() string
	// Name はファイルまたはディレクトリ名を返します。
	Name() string
	// IsDir はディレクトリの場合にtrueを返します
	IsDir() bool
	// IsHiddenFile は隠しファイルの場合にtrueを返します
	IsHiddenFile() bool
	// IsSymlink はシンボリックリンクの場合にtrueを返します
	IsSymlink() bool
	// RealName はリンク元のファイル名を取得します
	RealName() string
}

Happa はファイルまたはディレクトリ情報を扱うためのインタフェースです

type Ki

type Ki interface {
	// Eda はファイルまたはディレクトリを返します
	Eda() []Eda
	// Write はディレクトリツリーの情報をツリー形式で書き込みを行います
	Write(out io.Writer) error
}

Ki はディレクトリツリー全体を扱うインタフェースです

Jump to

Keyboard shortcuts

? : This menu
/ : Search site
f or F : Jump to
y or Y : Canonical URL